教員・研究室紹介

名前 谷口 興紀 [名誉教授]
Okinori Taniguchi
出身地 大阪府
e-mail o-tanig@edd.osaka-sandai.ac.jp
関連リンク
内線番号
研究分野 地球ひとつのくらしづくり─21世紀型の良好な環境創出・研究・教育・学習
所属学会・団体
  • 日本建築学会
  • 日本都市計画学会
経歴
  • 大阪産業大学工学部環境デザイン学科開設準備室教授に着任(1989年6月)
  • 大阪産業大学工学部環境デザイン学科開設に伴い着任(1990年4月)
  • 現中央キャンパスの中庭(パティオ)の基本デザイン(1990年10月)
  • エジンバラ大学建築学科留学(1997年9月~1998年8月)
  • 大阪産業大学綜合図書館長(2004年4月~2008年3月)
  • 同退職後、名誉教授の称号を得る(2009年3月)
  • 客員教授(2009年4月)
  • 同退職(2011年3月)

研究の内容

現在の人口減少予測を見据え、また国勢調査データを利用し、名目100年後の地域社会・都市景観はどうあるべきかについて方針を立て、その具体的姿をGIS(地理情報システム)を駆使して3次元的図像を制作する。
20年、30年後にそれを検証することにより、長期的な地域計画の方法論についての知見を後世に残す事が出来るという、超時空的面白さがある。

私にとっての環境デザイン

建築・環境デザインは、根本的に考えると世界の再創出であり、その過程においては、自らの再創出も含まれると考える。したがって、未だ建築・環境デザイナーの卵であると自負し、人々が「アッ」と驚くような姿として孵ることを夢見ている。

各コースの内容

学科公式facebookでも様々な情報を発信しています