コース・カリキュラム

建築デザインコースとは

人と空間の関係性を探り建築の可能性を広げたい!

快適性と美しさが求められる「人々の生活の場」としての建築。さまざまな要素を建物へと統合していく建築デザインをトータルに学ぶコースです。

世界的建築家の作品分析などを通して、建築家としての確かな基礎能力を養います。さらに、既存の型にとどまらず、最新のプログラム手法を用いた設計能力の習得も目指します。

演習について

建築デザイン演習Ⅰ・Ⅱ
まず建物ありきの発想ではなく、人間と空間の関係を捉え直すことからはじめます。新しい建築の可能性を考える演習です。
※平成24年4月より実施予定。
建築・環境デザイン及び計画演習
少人数アトリエ体制のもと、自ら問いを立て、問題解決のためのアイデアを発想します。建築・環境デザインおよび計画の技術を向上させる演習です。
※平成24年4月より実施予定。

資格・就職先について

国家資格(平成24年4月予定)

卒業と同時に目指したい資格

  • 一級建築士特定科目の修得および卒業後2年以上の実務経験が必要です。
  • 二級建築士特定科目の修得が必要です。
  • 木造建築士特定科目の修得が必要です。

卒業と同時に資格取得

  • 中学校教諭一種免許状
    (美術)
  • 高等学校教諭一種免許状
    (美術)
  • 高等学校教諭一種免許状
    (工業)
  • 高等学校教諭一種免許状
    (工芸)

※教職課程の所定科目単位の習得が必要です。

公的民間資格(平成24年4月予定)

在学中もしくは卒業後に目指したい資格

  • 福祉住環境コーディネーター®
  • CAD利用技術者試験
  • 商業施設士
  • インテリアプランナー
  • 福祉施設士
  • カラーコーディネーター®

めざす業界

  • 建築設計事務所
  • ゼネコン
  • 住宅メーカー
  • 管理施工会社

就職先の例

  • 株式会社 大林組
  • 大和ハウス工業株式会社
  • ミサワホーム
  • タマホーム株式会社
  • 大末建設株式会社
  • 京都ハウジング オペレーション
  • 建築デザイン事務所 ATELIER M

建築デザインコラム

建築・環境デザイン学科 山口 隆 教授

日本の建築デザインの現状

アジアの現状

中国の都市・建築デザインは、それまでの摩天楼型の古い都市・建築デザインを求めてきたのが、オリンピック以後、一転して、世界の最先端の建築デザインを理解し、急激に成長しはじめた。欧米から優れた建築家を招聘し、デザインに力を入れた都市計画をおこなっている。最近では、中国で建てられる建物のデザインのほうが、日本で建てられる建物よりも、はるかに面白い。

日本は世界の中でまったく特殊な進化をしてしまったとも言える。確かに日本は世界から関心を持たれている。そうした日本への関心を日本の先進性によるものだと、日本人は勘違いしているようだが、そうではなく、彼らは、日本の特殊性に興味があるだけなのだ。

米国への中国からの留学生の数は日本をすでに抜いてしまった。彼らは新しいデザインを学び、本国へ戻っていく。中国トップの清華大学はアメリカトップのコロンビア大学、ハーバード大学、プリンストン大学、MITと交流を進め、共同のワークショップをおこない始めている。そこで彼らは最先端のデザインを学ぶのである。今回、私はそのコロンビア大学、ハーバード大学、プリンストン大学の各スタジオに参加したのだが、当初は土着的で中国風なデザインをしていた学生も、いつしか最先端のデザインができるようになっていく様には驚かされた。

単に、設計する建物が美しいというモノとしてのデザイン性の向上というのではなく、彼らがデザインの本質をしっかりと掴んできていることへの驚きである。
それに比べ、日本において、長引く経済不況とともに、海外との交流の機会の減少により、都市・建築デザインは袋小路的な閉塞感がある。

デザインの捉え方

日本ではデザインは結果としてオブジェに付随する即物的な意味で捉えられるが、本来、プロセスやシステム的な広がりとして捉えられるべきものである。そうした原理を創造することにおいてオリジナリティが求められるのである。

デザインはオブジェだけを産み出すことではない。それをうみだす原理が同時に求められるのである。すなわち原理とオブジェとが結びついてはじめて作品として完成する。原理は普遍的なものであり、どんな人であっても理解できるものであるから、それを中心に議論を進めていくことが可能なのである。こうした議論をすることで社会の発展が期待できる。しかし、日本では、どうしてもモノ自身への執着から逃れることができない。原理が欠落したモノへの執着においては、趣味や好みという個人的な閉鎖状況から抜け出ることができない。議論ができず、どこまでいっても平行線で他者と噛み合わず、社会的な展開は期待できない。

これから、日本は、他者との議論によって広く深く展開するデザインのありかたを求めていくべきではないだろうか。

各コースの内容

学科公式facebookでも様々な情報を発信しています