--> 地球儀いろいろ/谷口興紀

グローバルに考える道具としての地球儀

  地理学的地球儀だけでなく、人工衛星の写真による仮想地球儀がある。それに加えて、「環境地球器」がある。これは、高見幸子(NPOナチュラル・ステップ)氏の講演において氏が、「ミニ地球」として紹介されていたもの(大東青年会議所主催、大東市民会館、2006.5.21.)を、谷口が、実験的に再現しつつあるものです。
  中学生の頃に、直径30cm位の地球儀を目の前にして、飛行機は、表面からどれぐらい離れて飛んでいるのかを計算したら、表面に張り付く位の距離であったことに驚いた。地球をリンゴ大とすると空気の層は、リンゴの皮ぐらいの厚さしかないらしい。

地球儀いろいろ

谷口興紀 〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
tel: 072 875 3001 ext: 4366 fax: 072 870 7857

電子メールのアドレス:o-tanig@edd.osaka-sandai.ac.jp
大阪産業大学13号館 東経E 135°38′49.39″ 北緯N 34°42′29.72″(by Google Earth)

Copyright (C) Okinori TANIGUCHI. All rights reserved.