?

京都市「新景観政策」への批判-1

新景観政策の根拠

 新景観政策実施(平成19・2007年9月1日)に先だって、8月14日に「不適格マンション管理組合懇談会」WEB頁が立ち上がっています(「京都マンション管理組合懇談会」に2008/9/1に改称される))。その趣旨は

 ①「多くのマンションが条例上、「不適格」マンションになります。
 ②このことにより、既存のマンションの住人にとって、重要な不利益や被害が出ないよう、住人どうしの話し合いや、市民への訴えなど、様々な活動を行っています。

とあり、この政策のずいぶん乱暴または強引な規制に対する住民の不安を反映しています。

 建物の高さとデザイン及び屋外広告物の規制等を全市的に見直す「時を超え光り輝く京都の景観づくり」というキャッチフレーズの、この景観政策の基になる「時を超え光り輝く京都の景観づくり審議会 最終答申 平成18年11月」(本文A4サイズ36頁)を見てみます。(最終答申PDF入手頁)

 良好な景観の実現は、環境の時代である21世紀型の方法に基づいてはじめて可能であり、行政などが目前の事象への刹那的感覚に基づき、定住している住民の生活実態を考慮せずに作成した政策を、地域住民に押しつけても、その成果を得ることが出来ない時代になっています。最終答申は、この点をどのように考えているのでしょうか。

 行政が上、住民は下というヒエラルキーな思考パターンで現実を動かそうとした20世紀型の方法は時代遅れです。最終答申は、そのような時代遅れの方法を脱皮しているのでしょうか。

 「不適格マンション管理組合懇談会」(「京都マンション管理組合懇談会」と2008/9/1に改称))は、景観を良くすることに反対するのではなく、その政策が生活破壊を引き起こすことを危惧する立場であることが伺えます。このような生活者の視点と大所高所からの景観政策、悪く言えば生活の場のリアリティが欠けている恐れのある景観政策との齟齬・矛盾の解消につながることへと展開していくことが、この稿のテーマです。

21世紀型良好な景観創出の枠組み

この頁のテーマ

このテーマは、新景観政策の根拠となる「時を超え光り輝く京都の景観づくり審議会 最終答申 平成18年11月」(本文A4サイズ36頁、最終答申PDF入手頁 アクセス:2008/4/17)のあまりの粗雑さにビックリし、典型例として「不適格マンション」(「京都マンション管理組合懇談会」WEB頁(「不適格マンション管理組合懇談会」を2008/9/1に改称))を取り上げて展開しています。

この新景観政策に関わる京都市の動きは、 「京都市情報館」WEB頁の検索欄 に、"時を超え光り輝く京都の景観づくり審議会"と入れるとまとまって出てくる。(アクセス:2008/4/17)

谷口興紀 〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
tel: 072 875 3001 ext: 4366 fax: 072 870 7857
大阪産業大学13号館 東経135°38′49.39″ 北緯34°42′29.72″(by Google Earth)

Copyright (C) Okinori TANIGUCHI. All rights reserved.